英会話を初めて勉強するという人は、昨今話題となっているEnCube(インキューブ)というスマホ英会話教材がとてもおすすめです。

なぜならEnCube(インキューブ)はこれまでの英会話レッスンとは“決定的な違い”があり、それがレッスン初心者の英会話スキルをぐんぐん上げてくれるからです。

この記事では、EnCube(インキューブ)がなぜ初心者に向いているのか説明していきたいと思います。その上で、EnCube(インキューブ)で話せるようになった初心者の方の「喜びの声」をご紹介したいと思います。

英会話を着実にマスターできるEnCube(インキューブ)について、この記事で丁寧に説明していきますのでよろしくお願いいたします!

EnCube(インキューブ)
EnCubeのHP

EnCube(インキューブ)が初心者の方に特におすすめな理由

EnCube(インキューブ)が初心者の方に特におすすめな理由

スマホ英会話教材EnCube(インキューブ)は、スマホで動画を見ながら英会話を学ぶ教材です。動画の時間は1本約5分。それだけで英会話のスキルがみるみるうちに身についていきます。

なぜそれだけでレベルアップできるのかというと、そもそもEnCube(インキューブ)がこれまでの英会話レッスンがフォローしきれていなかった、日本語と英語の“決定的な違い”が徹底的に研究された上で作られているからです。

まずはこの“決定的な違い”について話していきたいと思います!

EnCube(インキューブ)はこれまでの英会話レッスンの欠点をフォローした教材

EnCube(インキューブ)はこれまでの英会話レッスンの欠点をフォローした教材

日本語と英語の“決定的な違い”① 文の構造

例えば日本語で「私は昨日、パスタを食べました」という文章があったとしましょう。この場合、英語では「I ate pasta yesterday.」と言います。

語順だけを見ると、「私は」「食べた」「パスタを」「昨日」。日本語と構造が全く違うことがわかりますよね。

これは何を示しているのかというと、日本人にとって英語がそもそも理解しにくい言語だということ

英会話レッスンの中には、スピードラーニングのような“ただひたすらリスニング”するだけのものがありますね。ただ思うようにスキルが向上しないのは、文の構造という根本的な部分をそれだけではしっかり学ぶことができないからです。

日本語と英語の“決定的な違い”② 音の仕組み

私たち日本人は表記された日本語を一字一句そのまま読み上げます。当たり前といえば当たり前ですね。ところがネイティブは、表記された英語をそのとおりに読みません。

表記されている言葉を消す「Reduction(リダクション)」をすることもあれば、別の音に変える「Linking(リンキング)」をすることもあります。

「Nice to meet you」の「meet you」の部分は「ミートユー」ではなく「ミーチュー」と言う、と習いましたよね。こうした音の消去や変化が、ネイティブ英語にはたくさんあるのです。

よくネイティブの発言が早くて何を言っているのかわからない、というのはこれが原因。

ネイティブ特有の音の仕組みを理解していないと、いくらネイティブが簡単なフレーズを言っていたとしても聞き取ることはできませんし、ネイティブに伝わる英語を使うこともできません。

従来の英会話レッスンは、どちらかと言えば単語の意味や文法、単語ひとつひとつの発音の仕方などに重点を置いています。初心者の方を始め、英会話レッスンでつまづいてしまう人が多いのは、音の仕組みを一から教えてくれる教材が少ないのもひとつの要因です。

日本語と英語の“決定的な違い”③ ニュアンス

従来の英会話レッスンでは言葉やフレーズの意味を知ることができても、それが持つ独特なニュアンスまでは把握できません。

英会話はネイティブの人たちとスムーズに会話するためのものですから、これは英会話を学んでいく上で致命的なことです。日本人であるこちら側が良かれと思って発音した言葉で、ネイティブに不愉快な思いをさせる可能性も十分にあるからです。

例えば「good」というフレーズは、日本では「良い」というプラスの意味で使われますが、ネイティブの間では「ぎりぎりセーフ」というややマイナスな意味を持っています。

ネイティブの女性が嬉しそうに「この服装どう?」と嬉しそうに聞いてきたときに、「Good!」と自信満々に言った日には大変。その日一日口を聞いてくれないかもしれませんし、今後デートすることもできないかもしれません。

初心者の方ですと、英語をネイティブに話すのも勇気がいること。それなのに知らず知らずのうちにネイティブを怒らせてしまったとなれば、もう英会話なんていいやと思うのも仕方がないことですし、英会話レッスンを受ける気持ちになんてなれないですよね。

実際、英会話レッスンを受けたのにネイティブと話したら途端に自信がなくなってしまったという人も多くいます。

EnCube(インキューブ)は“日本人に合った”英会話プログラム!

EnCube(インキューブ)は“日本人に合った”英会話プログラム!

東京オリンピックの影響などで外国人の方の来日も増えてきている関係もあり、英語の需要が高まっている現代。NOVAやAEONなどの英会話教室をはじめ、語学書、スピードラーニングなど英会話を学ぶためのツールはたくさんありますね。

ですが、なかなかスキルアップできず驚くほど挫折してしまう人が多いのが現実です。特に初心者の方だと、どんなに工夫がこらされたツールであれ短期間でやめてしまう人は少なくありません。

それは、以上のような日本語と英語の“決定的な違い”を十分に教えてくれなかったからです。

EnCube(インキューブ)は、この欠点をきちんとフォローした英会話教材です。構造の違いやニュアンスの違いを考慮しながら、ネイティブが普段から使っている発音の仕方を「日本人が理解しやすい形」で作られています。

ですのでEnCube(インキューブ)であれば、確実に英会話のスキルは向上するのは間違いありません。だからこそ初心者の方にもおすすめなのです!

「EnCube(インキューブ)でレッスンするときに必要な心構え」を見る EnCubeのHP

EnCube(インキューブ)はどんな授業をしてくれるの?

EnCube(インキューブ)はどんな授業をしてくれるの?

まだまだ半信半疑な人がいると思うので、EnCube(インキューブ)がどんな教材でどんな授業をしてくれるのか、さらに詳しく紹介していきますね!

カリキュラムは積み上げ方式の4段階!

カリキュラムは積み上げ方式の4段階!

EnCube(インキューブ)では、初心者でも簡単に勉強できるようにカリキュラムを4段階に分けています。分け方は以下の通り。

Level01…質問できる

Level02…答えられる

Level03…やりとりできる

Level04…説明できる

このカリキュラムを徹底することで、中学レベルの英語でさえ不安という人でも着実にスキルを積み上げていけます。

“リアル発音記号”でネイティブ英会話スキルを効率よく習得!

“リアル発音記号”でネイティブ英会話スキルを効率よく習得!

EnCube(インキューブ)では授業の中で、“リアル発音記号”と呼ばれるものを使いながら発音を教えてくれます。

“リアル発音記号”とは

ネイティブの実際の発音を記号化したもの

例えば「What do you do,again?(ホワット ドゥー ユー ドゥー アゲイン?)」は、「waRuyudu agen?(ワルユードゥ アゲン?)」と表記される

この“リアル発音記号”をスムーズに出せれば、先程言ったReduction(リダクション)やLinking(リンキング)を自然とできるようになっていきます。

つまりネイティブに伝わる発音、ネイティブの発音を聞き取れるリスニングスキルを効率よく身につけられるのです。

アウトプット練習をガンガンやって、英語を自分のものに!

アウトプット練習をガンガンやって、英語を自分のものに!

EnCube(インキューブ)では、動画内でこちらが発音するための機会がたくさん与えられます。

英会話学習において発音、つまりアウトプットの練習は非常に大事だからです。

私たちが日本語を話せるようになっているのは、誰かが話す日本語をただ聞いたり、文法の教科書を読んだりしたからではないですよね。

実際に自分たちの口から話して、いろんなシチュエーションの中で何度も繰り返し使ったからこそ使えるようになっているはずです。

英会話も全く同じで、話さなければ決して自分で扱うことはできません。

ただ動画を見終わったあとに練習をすると言っても、自分ひとりでは適当な感じになってしまうでしょう。そのため動画内に発音する機会が盛り込み、正しい発音を自動的に練習できるように作られているのです。

EnCubeのHP

EnCube(インキューブ)は実際にどうやってやるの?

EnCube(インキューブ)は実際にどうやってやるの?

EnCube(インキューブ)では【ネイティブ英会話マスター】【Live English】【なりきりスピーキング】の3種類の動画が自動的に配信されます。その動画を見ながら、発音を真似して学習していくシステムです。

ネイティブ英会話マスター

ネイティブ英会話マスター

EnCube(インキューブ)に登録して最初に配信される動画です。朝晩2回、5日間に渡って配信されます。

ネイティブがよく使うフレーズから、「あなたの名前は何ですか?」「出身はどちらですか?」のような覚えるべきフレーズを250個厳選。さらにその中からひとつのフレーズがリアル発音記号と一緒に紹介されます。

<動画の特徴>

【ネイティブ英会話マスター】の特徴は3つあります。

ひとつは単なる一文を紹介するのではなく、質問と答えをセットにして教えてくれること。これによってネイティブに伝わる質問ができ、ネイティブからの質問を聞き取って答えることができます。

もうひとつは、動画内で発音の仕方を丁寧に教えてくれること。舌をどのように動かすのか、最後の音はどのタイミングで止めたらいいのか、などを細かくレクチャーしてくれます。単にリアル発音記号を読むのではなく、口の動かし方や発音の強弱などを学ぶことで、より簡単にネイティブに伝わる発音に近づけます。

最後の特徴は、夕方に配信される動画が朝に習ったフレーズを復習しながらステップアップもできる内容になっていることです。

例えば、朝に「What’s your name?(お名前は何ですか?)」というフレーズを学ぶ動画が配信された場合。夕方の動画では「What’s your name,again?(お名前何でしたっけ?)」というフレーズや、類似の単語を紹介してくれます。

脳科学の理論を応用した『2ウェーブ自動反復システム』と呼ばれる画期的な手法で、これによって朝に習ったフレーズの発音の仕方を脳内に定着させつつ、さまざまなシチュエーションに対応できるような英語を身につけられるのです。

Live English

Live English

【ネイティブ英会話マスター】が終わった6日目の朝に配信される動画です。EnCube(インキューブ)の先生同士が、これまで教えてくれたフレーズを使いながら会話するシーンを見せてくれます。

<動画の特徴>

海外旅行をしているような気分でレッスンが受けられる「バーチャル・スピーキング」形式で、ネイティブが普段どのように会話をしているのかを擬似体験できます。

習いたてのフレーズだと、最初は会話のスピードについていくのがやっとかもしれません。ですがリアル発音を何度も練習すれば、先生と同じように会話のキャッチボールができるようになっていきます。

もうひとつの特徴は、リアルな雰囲気がありながらバーチャルな世界なので先生の顔色をうかがう必要がなく、堂々と恥ずかしがらずにフレーズの発音ができる点です。

なりきりスピーキング

なりきりスピーキング

【Live English】が終わった翌日の朝、7日目に配信される動画です。先生と1対1で会話しながら、6日間で学んできたことを総復習していきます。

<動画の特徴>

特徴は【Live English】と同じく「バーチャル・スピーキング」。動画なので、英会話教室と違って何度も先生に同じ発音をしてもらって繰り返しレッスンを受けられます。この動画を見ながらスムーズに発音できるようになれば、ネイティブに英語でわかりやすく説明することも可能です。

【なりきりスピーキング】が終わると、また次の日から【ネイティブ英会話マスター】で別のフレーズを学んでいきます。

この7日間1サイクルの配信スケジュールで、自動的にステップアップできるのがEnCube(インキューブ)の強みです。こちらで予定が組む必要がない点も、初心者の方に向いていると言えるでしょう。

「EnCube(インキューブ)をやってみた感想」を見る EnCubeのHP

EnCube(インキューブ)をやるとどうなるのか教えてほしい!

EnCube(インキューブ)をやるとどうなるのか教えてほしい!

EnCube(インキューブ)で得られる効果はさまざまですが、代表的な例をご紹介したいと思います!

道に迷っている海外の人に喜ばれる

EnCube(インキューブ)を勉強していると、自然にネイティブの発音をしっかりと学べます。「相手がどこに行きたいのか」というのがわかるようになり、聞いた目的地に行くためにはどのルートで行ったらいいのかをネイティブに明確に伝えられます。

誰でも初めての国は不安になるもの。そんなときに優しく接してあげたら、とても喜ばれることでしょう。きっと日本は素晴らしい国だと帰ったときに話してくれますよ。

洋画や海外のドラマを見るのがもっと楽しくなる

6日目に配信される動画【Live English】はネイティブ同士が会話を繰り広げるドラマのような内容なので、動画に慣れていくと自ずと洋画や海外ドラマが字幕なしでわかる部分が増えていきます。

日本語の字幕ではわからなかったニュアンスの違いなどもわかるようになり、作品をさらに楽しめるのがEnCube(インキューブ)のいいところです。

仕事の幅が広がる

EnCube(インキューブ)の効果は、プライベートや趣味にとどまりません。飲食店や雑貨店などで働いている人は、海外のお客様に対して満足度の高い接客ができます。

海外から日本に来る人に限らないのですが、自分の国の言語で接客をしてくれるほど嬉しいものはありません。英会話が堪能になればお客様の信頼を得ることができ、販売実績なども上がるでしょう。

現代はグローバル化が進んでいるとはいえ、海外に目を向けている企業やビジネスは広く見れば数がそれほど多くありません。接客業以外の人も、今のうちに英会話を身につけておけば今後のキャリアにもいい影響がもたらされることでしょう。

「EnCube(インキューブ)で初心者が成功を掴んだ話」を見る EnCubeのHP

初心者の「喜びの声」!

初心者の「喜びの声」!

それではここで初心者の方の声をご紹介していきます!

今回この記事を書くにあたって、2名の方にインタビューをさせていただきました。おふたりとも英会話レッスンの初心者の方です。

Aさん(37歳女性・主婦)

――これまで英会話レッスンを受けてこなかった理由を教えてください。

英会話レッスンはずっと興味を持っていたんですよ。でも手を出さなかったのは、私自身飽きっぽいところがあったからなんですね。英会話以外にいろんな習い事をしていたんですが、わざわざお金を出して習っても、すぐに飽きてしまって…だから英会話もなんとなく結果が目に見えていたので手を出さずにいました。英会話教室がどうとか英語教材がダメだとかそういう理由ではなくて、自分のモチベーションが上がらなかったというのが一番の理由です。

――EnCube(インキューブ)を始めたきっかけは何でしょうか。

友人の勧めですね。その友人は古い付き合いで、今言ったような英会話を学びたいけど飽き性だから決断できない、みたいな話を知っていて。それでたまたまインターネットでEnCube(インキューブ)を見たんだと思いますが、友人が「これならどうかな?」と。私自身もEnCube(インキューブ)を調べました。スキマ時間にスマホを使ってスキルアップできる、ということだったのでこれなら自分もできるかなと思って始めました。

――EnCube(インキューブ)の感想を聞かせていただけますか?

やり始めてよかったなと思っています。それを特に感じているのは海外旅行ですね。これまでは海外旅行というと、通訳の人とずっと一緒に行動していました。でもEnCube(インキューブ)を始めてから、ひとりで自由に旅したいなという欲求が出てきて。それでこの前初めてひとりで実際にアメリカに行ったんですが、本当に楽しかった。これからどんどん海外に一人旅する機会が増えると思います。

――他に感じたことがあれば教えてください。

どんな勉強にも当てはまるんでしょうけど、最初はやっぱり苦労しましたね。先生の言う口の動かし方だったり、言葉の強弱のつけ方だったり。やっぱり簡単にいくものじゃないんだ…と正直思いましたし、すぐに飽きてしまうかも…という考えも頭をよぎりました。

でも続けることができているのは、動画がたった5分くらいの長さしかなかったからだと思いますね。「さあ英会話を勉強するぞ!」と身構える必要もないですし、これまで何となくスマホをいじっていた時間のうち、たった5分だけその動画を見ることに変えればいいだけでしたから。なんとなく見続けていたら、どんどんハマっていったという感じです。そこがEnCube(インキューブ)のすごいところなんじゃないかなと。英会話教室みたいに40分間のレッスンだったら、きっと続かなかったかな。

――最後に、EnCube(インキューブ)をやろうかどうか迷っている人に一言お願いします。

私も始めたばかりなので偉そうなことは言えないんですが…でも「自分は飽き性で何事も続かない」と思っている人にはEnCube(インキューブ)をおすすめしたいですね。英会話のレベルが上っていく実感がすごくあるので、続けようという気持ちに自然とさせてくれますから。あとは「外国人の方を助けたい!」と考えている人。話せるようになってくると、駅前で道に迷っている外国人の方がいないか自分から探すようになりますからね(笑)

Bさん(42歳男性・会社員)

――英会話レッスンを今まで受けてこなかった理由はありますか?

自分がペラペラと英語を話している姿がまったく想像できなかったからです。あと友人が英会話教室に通っているんですが、その友人から「全然上達しない」という話を聞いていたというのもありますね。英会話ができること自体には憧れていたんですが、やろうという気持ちになかなかなれませんでした。

――なぜEnCube(インキューブ)を始めたのでしょうか?

仕事の部署が変わったというのが一番ですね。これまでは事務職に近い仕事をする部署だったんですが、得意先に営業するところに異動したんです。それでたまたま海外の人とコミュニケーションを取らないといけない機会があって…若手社員が通訳してくれたんですが、それがものすごい悔しかった。これはいよいよ英会話を勉強しなければならないと。それでいろいろ調べていたらEnCube(インキューブ)を見つけて。

英会話教室も検討したんですが、初心者から見るとハードルが高いんですよ。うまく話せなかったらどうしようとか、変なことばかり考えてしまう。その点EnCube(インキューブ)は、動画を見てレッスンするということだったので気楽でいいなと思って始めました。金額も安かったので、物は試しと。これでダメだったら、自分にムチを打って英会話教室に行くつもりでしたけどね。

――EnCube(インキューブ)で仕事も順調に?

そうですね。今では苦なく海外の人とコミュニケーションが取れています。日本語と英語には微妙なニュアンスの違いもあるようですが、しっかりEnCube(インキューブ)で教わったので何の問題もなく話せていますね。

あと海外の人に聞いたんですけど、あの人たちの中では「恥ずかしがって話せないことほど恥ずかしいものははい」みたいな考えがあるんですよ。EnCube(インキューブ)のバーチャル・スピーキングはその点をしっかりフォローしてくれている。堂々と話せるようになったことで契約とかもうまくいったりとかで、初めての英会話レッスンがEnCube(インキューブ)で良かったなと思っています。

――他にも何か感想があれば教えてください。

やっぱりいつでもどこでもレッスンできるのは強みですよね。場合によってはカフェなんかでもイヤホンがあれば動画は見れますし。発音の練習は難しいですが(笑)。ただ英会話が身近に感じられるというのは本当に大きいです。英会話が必要になってくると言っても、日本にいると英会話に触れる機会なんてあんまりじゃないですか。まして毎日英語を話すなんて、本当に限られた人にしかない。EnCube(インキューブ)はその点をしっかりとフォローしているんですよね。

――最後に、EnCube(インキューブ)のおすすめポイントを教えてください。

正直、英会話教室に妥協して行くくらいならEnCube(インキューブ)のほうがいいです。もちろん英会話教室は英会話教室で良いとこがたくさんあります。でも英会話の基礎も身についていない人、私みたいな初心者の方はEnCube(インキューブ)から始めることをおすすめします。動画も面白いですよ。先生方が丁寧に教えてくれるので、何度見ていても飽きません。

EnCubeのHP

EnCube(インキューブ)の先生は、初心者に優しい人たちばかり!

EnCube(インキューブ)の先生は、初心者に優しい人たちばかり!

EnCube(インキューブ)では、3名の先生が代わる代わるレッスンをしてくれます。その先生方をここでご紹介したいと思います!

イムラン先生

イムラン先生はパキスタン人と日本人のハーフで、日本生まれ日本育ちの先生です。幼稚園から大学院まで教育をすべて英語で受け、英語に精通しています。大学院で英語を教えるのが楽しくなり、社会人のときに英会話教室「コペル英会話」を立ち上げて2004年に独立。現在は同教室の校長先生を務めています。

著書も多数で『英語は一日一言覚えれば話せます』『これだけ言えれば会話が続く! 英語表現100』『外国人と15分以上話がとぎれない英会話レッスン』など。

EnCube(インキューブ)の講義では、発音のポイントを身振り手振りで教えてくれます。動画を通してではありますが、とても親しみやすい先生です。

シモン先生

シモン先生は日本で生まれ、3歳のときにハリウッドへ渡航。それ以来、現在まで日本とアメリカを行ったり来たりしながら生活を送り、現在は「コペル英会話」の主任講師を務めている先生です。

「セントメリーズ・インターナショナル・スクール」「Pitzer College」「Golden West Gate College」など優れた英語教育を受け、巧みな英会話術を身につけていらっしゃいます。その技術を駆使した外部向けのセミナーで教えてきた生徒さんの数は1000人以上です。

EnCube(インキューブ)の講義では、明るくはっきりとした発音でわかりやすくレクチャーしてくれます。シモン先生はYoutubeで定期的にレッスン動画をアップしていることもあり、「動画の講義」に慣れているなという印象を受けました。

メリン先生

メリン先生は若干18歳の現役女子大生。小学校3年生から10年間英語落語の活動を続け、「第九回 ひむかの国こども落語全国大会」での優勝を始めさまざまな実績を持っていらっしゃいます。ミュージカルや演劇、パントマイムなどの表現活動を積極的に行っている先生です。

EnCube(インキューブ)では、ひとつひとつのフレーズを丁寧に説明してくれるのが魅力。ネイティブにはどう発音してどう表現したらちゃんと伝わるのか、そのノウハウが先生の動画内には詰まっています。

EnCubeのHP

初心者も手軽に始められる料金設定

初心者も手軽に始められる料金設定

インタビューの中で、「金額が安かった」という話がありましたね。実際のところはどうなのかお話していきましょう。

EnCube(インキューブ)は通常価格で月額7,980円(税抜き)です。現在はキャンペーンを実施していて、今申し込むとなんと初月は0円となり翌月以降の月額料金は5,480円となります。

なお、英会話教室で有名な『AEON』のマンツーマンの月額料金は27,750円(税抜き)、『Berlitz』は24,000円(税抜き)です。月のレッスン時間にそれほど大差がないことを考えても、EnCube(インキューブ)の値段は破格と言えます。

人によっては毎月支払っている携帯料金よりも安いですよね。

「ちょっとやってみようかな」と手軽に始められるのも、EnCube(インキューブ)を初心者におすすめしたいポイントです。

「EnCube(インキューブ)を作っている会社って大丈夫?」を見る EnCubeのHP

まとめ

まとめ

EnCube(インキューブ)は、非常に手軽にネイティブのリアルな発音を学ぶことができます。

EnCube(インキューブ)で教えてくれる英会話のフレーズはよく使われるものなので、ある程度英会話ができる人には物足りないかもしれません。また英会話レッスンに特化した教材なので、文法や英単語を勉強したい人が望んでいる結果を出してくれる教材ではないと思います。

しかし英会話レッスンを初めて受ける初心者の方にとっては、これほど最適な英語教材はありません。

ネイティブとスムーズにコミュニケーションができる力を効率よく簡単に身につけたい初心者の方は検討してみてもいいのではないでしょうか。

EnCube(インキューブ)
EnCubeのHP