英語が上達したくて始めた『ケンペネEnglish』のメリット、デメリット

「どうしても英語ができるようになりたい」と思っているなら、『ケンペネEnglish』がおすすめです。なぜなら、英語が大の苦手だった私でも、たった2ヶ月という短い期間ながら話せるようになったからです。今はもう、アメリカ人に急に話しかけられても、相手の言いたいことを聞き取り、そして臆することなく返答できます。

この記事では、私が『ケンペネEnglish』を使ってみて感じたメリットとデメリットを紹介しています。今、まさに『ケンペネEnglish』を始めようかどうか悩んでいる人の、参考となれば幸いです。

ケンペネEnglishの公式サイトへ

『ケンペネEnglish』とは何か

『ケンペネEnglish』とは何か

最初に、『ケンペネEnglish』について詳しくご紹介します。すでにご存知の方や、メリット・デメリットだけを知りたい方は飛ばしていただいて構いません。

『ケンペネEnglish』の概要

『ケンペネEnglish』は、講義内容が収録された1回20分の動画をスマホやパソコンで見て、英語の勉強をするタイプの教材です。動画を見るために会員登録が必要で、その会員になるために料金(=『ケンペネEnglish』の料金)が発生する仕組みになっています。

『ケンペネEnglish』の特徴は、ひと言で言えば、講義動画を見て「カタカナ英語をネイティブ発音に変換する練習」を行い、「英語講師によるチェック」を受けながらスキルアップしていく。これだけだとピンと来ないかもしれませんので、少し解体して見ていきましょう。

カタカナ英語

「カタカナ英語」とは、たとえば「テーブル」「チェア」「フォーク」「ナイフ」「スプーン」などです。あるひとつの英単語の読み方を、日本人風に直したものとも言えます。このカタカナ英語ですが、私たちは普段の生活の中で多く触れていますね。そしてさまざまな言葉をぱっと思い出すこともできます。実は成人の場合、2,000近い数の言葉を記憶しているとされています。

ネイティブ発音に変換

「ネイティブ発音に変換」とは、簡単に言えば、ネイティブに伝わる発音にすることです。先程の「テーブル」「チェア」は、そのまま言ってもネイティブには伝わりません。しかしある工夫をすることで、ネイティブにも通じる言葉に変化させることができます。

その工夫を、『ケンペネEnglish』では音のパズルと呼んでいます。英単語を、それを構成するアルファベットに一度解体し、それぞれのアルファベットの読み方をネイティブの読み方に変換。そしてその音を、単語の綴りどおりに組み合わせる方法です。

こうしてできた音のかたまりこそが、ネイティブが普段その単語を発音している音となります。つまり、この方法さえ身につけてしまえば、私たちが身につけている2,000のカタカナ英語は、すべてネイティブに伝わる言葉に生まれ変わるのです。これこそが、『ケンペネEnglish』の英語上達メソッドの正体です。

英語講師によるチェック

「英語講師によるチェック」は、『ケンペネEnglish』に所属している講師が、定期的に受講者の発音を聞いて行うアドバイスです。『ケンペネEnglish』の勉強スタイルは、自分で動画を見て、指示に従いながら発音練習するもの。とはいえそれだけでは、誤った発音を身につけてしまいかねません。

『ケンペネEnglish』では、そうした事態に陥らないように、プロによる添削で軌道修正をしてくれています。と言っても直接指導ではなく、LINEによる録音機能を使った方法です。ただひとりひとりの発音を聞き、丁寧にフィードバックをしてくれるので、英会話教室のマンツーマン指導とほとんど変わりはないと言えます。

『ケンペネEnglish』レッスンの詳細

『ケンペネEnglish』は、カタカナ英語をネイティブ発音に変換させる方法で、ネイティブ顔負けの英語スキルを受講者にもたらします。では、具体的にどのような練習を行っているのか。ここで詳しくお話しましょう。

①眠っている英語を引き出し、ネイティブ発音に変換する練習

『ケンペネEnglish』の具体的な練習方法は、大きく分けて3つあります。そのうちの1つ目が、眠っている英語を引き出し、ネイティブ発音に変換する練習です。

眠っていた英語を引き出すことを、『ケンペネEnglish』ではエアーアウトと言います。日々触れてきたカタカナ英語を「こんなのがあったな」「そう言えば、こういうのもあった」と思い出していく作業です。料理のために必要な材料を調理台に用意する、とイメージするとわかりやすいでしょう。

ネイティブ発音に変換する練習は、先程お伝えしたように、アルファベットそのものの音を改めて覚え直し、組み合わせる作業です。用意した食材に、下味をつける段階と言えるでしょう。これによって、何となくぼんやりと記憶していた言葉たちが、どんどん実践で使える英単語に生まれ変わっていくのです。

②シンプルなフレーズを作る練習

2つ目の練習は、英会話に必要なフレーズをシンプルに作ることです。実は、英会話で使うほとんどのフレーズが「S(主語)」「V(述語)」「O(目的語)」という文法で成り立っています。たとえば「I study English.」「I eat breakfast.」などです。つまり日常英会話においては、これまで学校の授業で習ったような、「S(主語)」「V(述語)」「C(補語)」「S(主語)」「V(述語)」「O(目的語1)」「O(目的語2)」といった文法を、それほど意識する必要ありません。

この授業では、シチュエーションに合わせて、思い出した英単語をSVO文法にはめながら文章を組み立てていきます。下味をつけた材料を用いて、調理する段階と言えるでしょう。

③結論から話す練習

3つ目は、結論から話す練習です。ここで2つ目の授業で作ったフレーズを、ネイティブに伝わりやすいように並べ替えていきます。彼らの会話の特徴が、私たち日本人と違って、先に結論を言ってから補足を付け足していくというものだからです。『ケンペネEnglish』では、このネイティブに合わせてフレーズを並べ替えることを、チャンクトーク、積み木トークと呼んでいます。

せっかくシンプルなフレーズを作っても、相手に「で、結局何が言いたいの?」と思われてしまったら、あまり意味がないでしょう。この授業は、ネイティブと気持ちよく話すために不可欠な技術を教えてくれるのです。お客さんに料理を楽しんでもらうためには、盛りつけも大事ですよね。

3つの授業×20シチュエーション

『ケンペネEnglish』では、こうした3つの授業を1日1回ずつ、動画を通して行います。そして「③結論から話す練習」が終わったら、別のシチュエーションをテーマに「①眠っている英語を引き出し、ネイティブ発音に変換する練習」へと移っていきます。このシチュエーションを20個こなしたとき、『ケンペネEnglish』の授業は終了です(3日×20回=60日≒2ヶ月)。

なお、シチュエーションは「自己紹介」「道案内」「食事」「買い物」「乗り物」「旅行」「ホテル」「電話・予約」「トラブル」「病院」「仕事①」「仕事②」「おもてなし」「文化」「趣味」「家族①」「家族②」「友だち」「褒め言葉」「自己表現」が用意されています。

ケンペネEnglishの公式サイトへ

『ケンペネEnglish』のメリット

『ケンペネEnglish』のメリット

『ケンペネEnglish』は、「カタカナ英語」をうまく活用し、簡単に英語が身につくような練習方法を取り入れている教材です。これまでの英語教材には見られない手法のため、初めて『ケンペネEnglish』を知った人の多くが驚きを隠せていません。しかし画期的であるせいか、メリットが見えにくいという意見も散見されます。

そこでここからは、私が実際に『ケンペネEnglish』を使って感じたメリット・デメリットをご紹介していきます。まずは、メリットからです。

記憶力に自信がなくても上達する

1つ目のメリットは、記憶力に自信がなくても上達する点です。「英単語をなかなか覚えられない」「せっかく習ったフレーズなのに、実践のときにぱっと出てこない」。英語勉強をするときに、そういった不安はありがちなものです。

しかし『ケンペネEnglish』は、そもそも覚えることがほとんどありません。これまで、私たちが自然に身につけてきた「カタカナ英語」を活用しているだけだからです。また新しく覚えるのとは違い、それは一度記憶にしっかり定着している知識なので、とっさのときに出てこないということもありません。

ネイティブ発音が効率よく身につく

2つ目のメリットは、ネイティブ発音が効率よく身につく点です。『ケンペネEnglish』の場合、英単語やフレーズそれぞれのネイティブ発音を、ただ与えられたままに練習するのではなく、アルファベットの発音から身につけ直します。基礎となる部分からトレーニングをするので、どうしてこの単語はこの発音をするのか自然に理解できるようになります。

この「音だけを学ぶ」「音の基礎から学ぶ」かの違いは決定的です。簡単に言えば、後者のほうが圧倒的に早く、英語を自分のものにできるからです。

たとえば、好きな洋楽があるとします。その歌が本当に好きで、何度も聞いて歌えるようになっている。このとき、たとえば誰かに「じゃあ、その歌詞をリズムなしでそのまま言ってみてください」と言われたとします。もし、音だけで覚えていたなら言うのは難しいでしょう。ですが、きちんと歌詞の意味を理解して、使われている単語の発音を把握している人だと、スラスラと言える人がほとんどです。与えられたものをそのまま鵜呑みにするのではなく、一度自分の中で噛み砕いて整理をし、自分のものにしているからです。

もし繰り返し練習しているはずなのに、実際の会話で出てこない、伝わらないと悩んでいる場合は、音だけを学ぶ練習が合っていなかったのかもしれません。そして逆に、『ケンペネEnglish』であれば、大きな効果が期待できると言えます。

短時間学習&スマホ利用で続けやすい

3つ目のメリットは、短時間学習とスマホ利用で続けやすい点です。『ケンペネEnglish』で配信される動画は、1本20分となっています。20分と言えば、通常のテレビドラマやバラエティ番組の1/3の時間です。

加えてスマホでも視聴ができるため、たとえばお風呂場やトイレ、寝室など場所も選びません。本格的な発音トレーニングは難しいかもしれませんが、電車の移動時間やカフェでも見ることができます。時間も短く、場所も自由に選べるのであれば、意外と毎日学習いけそうだなと思えてきませんか。

面倒なスケジューリングが不要

4つ目のメリットは、勉強のスケジュールを自分で組まなくていい点です。『ケンペネEnglish』は、2ヶ月間のカリキュラムがすべて決まっています。つまり受講者は、ただ会員サイトを開き、配信された動画を視聴したり指示に従って発音練習したりするだけで上達していくのです。

書店に並んでいる英語の本で勉強をしようとした人、あるいはしている人ならわかるかと思いますが、自分で勉強の計画を立てることほど大変なものはありません。同じことの繰り返しだったり、簡単過ぎると上達はしていかない。かと言ってレベルを上げすぎるとついていけなくなる。それから、どのくらい時間をかけて勉強するのかも決めなくちゃいけない。『ケンペネEnglish』であれば、このような非常に面倒なスケジューリングを考える必要はまったくありません。

ケンペネEnglishの公式サイトへ

『ケンペネEnglish』のデメリット

『ケンペネEnglish』のデメリット

次に『ケンペネEnglish』のデメリットです。正直、かなり重箱の隅をつつくようなものですがご紹介します。

ある程度のモチベーションが必要

1つ目は、ある程度のモチベーションが必要な点です。『ケンペネEnglish』は、パソコンやスマホを使い、好きなタイミングで勉強ができる魅力があります。それは裏を返せば、誰も発破をかけてくれないということです。

また毎日動画が配信されるので、どうしても今日はできないというときがあると、その分だけ見なければいけない動画が積み重なっていきます。1日20分とはいえ、3日溜まれば1時間です。そういった意味でも、毎日学習するんだという気力が求められると言えます。

スマホがないと利便性が半減

2つ目は、スマホがないと利便性が半減する点です。パソコンだけでやろうと思えばできるのですが、パソコンを立ち上げ、インターネットを開き、サイトにログインして…という作業を毎日やるとなると、意外と面倒なもの。勉強できる場所や時間も限られてきます。また、毎日の学習をサポートしてくれる『ケンペネEnglish』専用のアプリも使うことができません。

ケンペネEnglishの公式サイトへ

まとめ

まとめ

『ケンペネEnglish』の正体を知った多くの人は、「こんな教材、信じられない」と言います。それはもちろん、こんな簡単な方法で身につくものなのかという意味です。この記事をご覧になったということは、みなさんもどこか似たような気持ちがおありだったのではないでしょうか。

だからこそ今回、誠実にメリットとデメリットについてご紹介させていただきました。結論として『ケンペネEnglish』に欠点はほとんどないのですが、他の英語教材とどう違うのか、比べるときの参考としてみてください。その上で「やっぱり『ケンペネEnglish』が一番だな」と考えていただけたのなら、この記事を書いたかいがあったなと思う次第です。

ケンペネEnglishの公式サイトへ